SPAMfighter Exchange モジュールVer.5で、Exchange Serverの送信スパムもフィルタリング

SPAMfighter Exchange モジュールVer.5が受信、送信、内部スパムをフィルタリグ

コペンハーゲン - 2013年8月10日 - Windows、Mac、Android OS搭載のパソコン、サーバ、タブレット、スマートフォン向けにセキュリティや最適化のためのソフトやアプリを提供する業界大手のSPAMfighter(www.spamfighter.com)が人気ソフトSPAMfighter Exchange モジュールのVer.5のリリースを本日発表しました。SPAMfighter Exchange モジュールは企業や中小企業向けのパワフルなスパムフィルタで、本バージョンでは受信、送信、内部スパムをフィルタリングできるようになりました。

多くの企業でメールのガイドラインの規定には頭を悩ませていて、従業員の非効率的、あるいは企業のメールポリシーに違反するメールの使用が懸念材料となっています。SPAMfighter Exchange モジュールVer.5はこれまで懸念材料だった送信メール(受信者が多すぎるメールやYouTubeのリンクを含むメールなど)をチェックする機能に加え、送信メールの添付書類の制限も設定できます。このようなパラメータを適用することで、企業はより生産的にメールを活用し、スパム送信者のフラグを付けられたり、ブラックリストに分類されるリスクもなくなります。同じポリシーを社内メールでも適用できるので、社員間のやりとりが今まで以上に効率的になり、無駄がなくなります。

SPAMfighter Exchange モジュールVer.5では他にも魅力的な新機能を導入しています:

* 大文字フィルタ。大文字ばかりのメールをユーザーに送信することを防ぎます
* 新しくなった通知メール。受信、送信、内部スパムに完全対応。
* スパム診断。スパム対策セキュリティ用のテスト。
* 新しくなったユーザーインターフェース。ライブチャットサポートへもアクセス可能になりました。

今回のアップグレードはSPAMfighter Exchange モジュールの8年の歴史の中でも最大のアップグレードです」と語るSPAMfighterのCEOで設立者のヘンリク・ソレンセン氏。「私たちは市場の声、信頼できる再販業者の声、そしてもちろんお客様の声に耳を傾けてきました。受信スパムだけでなく、送信スパムや内部スパムにも対応したExchange用のスパムフィルタの需要が高まっています」

新しく導入された送信スパムと内部スパムのフィルタリングだけでなく、SPAMfighter Exchange モジュールにはこれまで通りMicrosoft Exchangeフィルタ用として数々の賞を受賞してきたスパム対策エンジンも搭載しています。SPAMfighter Exchange モジュールの設定にかかる時間はたった数分で、Microsoft Exchange Serverに完全に統合され、すぐにフィルタリングを開始します。シンプルなルールやポリシーをユーザーやユーザーグループに適用できます。

30日間無料試用版をご利用いただけます。試用期間中に詳細なレポートにアクセスして、送信、受信、内部スパムを除去することでどれだけの時間とコストを削減できたか確認できます。SPAMfighter Exchange モジュールVer.5の新機能は、Microsoft Exchange Server 2007、2010、2013に対応しています。SPAMfighter Exchange モジュールはMicrosoft Exchange Serverの初期のバージョン(2000や2003など)にも引き続き対応しています。また、VMware、Windows Hyper-V、Microsoft Virtual Serverのバーチャル環境にも対応しています。

Exchange 2013にも対応したSPAMfighter Exchange モジュールVer.5は本日よりさっそくダウンロードしていただけます。

» SPAMfighter - 20-08-2013

簡単3ステップでWindows PCのドライバをアップデートSlow PC? Optimize your Slow PC with SLOW-PCfighter!迷惑メールだらけ?無料スパムフィルタ!

Exchange迷惑メールフィルタ
Go back to previous page
次へ