新発売のMicrosoft Exchange用スパムメールフィルタ、SPAMfighter Exchangeモジュール

新しいアップグレードバージョンは、同じシームレスなMicrosoft Exchange Serverの統合に伴い、新たな機能が満載で保護力もアップしています。

いくつかのスパムメール調査によれば、最近のスパム率は85%に達していて、そんな中、SPAMfighterは日々の面倒なスパムメール対策を行って、多くの企業を救います。スパムメールは迷惑で時間の無駄になるだけでなく、メール経由のスパイウェア、ウィルス、フィッシング詐欺を招き、企業の脅威でもあります。メールを経由する脅威からの保護こそが、現在の中小企業には必要不可欠なのです。

SPAMfighter Exchangeモジュール(SEM)4.1.6.3は世界中の36,000を超える企業で使用されている既存のSEMのバージョン3.5.5からのメジャーアップグレードです。

SEMのコアエンジンは、スパムフィルタリングを強化するためにアップデートされ、最新のスパムメールやフィッシングメールをブロックします。

SEM4.1.6.3の特徴は:
- より良いスパム対策のために改良された、受賞歴を誇るスキャンエンジン
- ウィルスからの保護を強化するためにアップデートされたウィルス対策フィルタ
- DNSブラックリストフィルタを追加(Exchange 2007/2010のみ)
- IPアドレスフィルタを追加(Exchange 2007/2010のみ)
- 送信者フィルタに信頼できる送信者のオプションを追加(Exchange 2007/2010のみ)
- コンテンツフィルタリングオプションを追加

「当社のプログラマはスパムメールと戦うために、最強最高のExchangeサーバ統合モジュールを開発してきました」と語るのはSPAMfighter北米支部長のロリ・レイゴーザ氏。「SMB市場での当社の冒険は、この新バージョンのおかげで、さらに前へと進む準備ができました。」

SPAMfighter Exchangeサーバの特徴:
- コミュニティ/ DNSブラックリスト/ IPアドレススパムフィルタリング
 複数のスパムフィルタを設定することができます
- Microsoft Exchange Serverの2000、2003、2007、2010、およびMicrosoft Small Business Serverとの完全な統合
- 迷惑メールに対するポリシーアクションは個人/ユーザーグループごとに定義できます。
 例:マーケティング部門とサポート部門では異なるポリシーアクションを設定できます。
- SEMに起因するExchangeサーバのダウンタイムの可能性はゼロです
- 設定しなくても自動的に動作し、メンテナンスも不要です。
- マルチリンガル対応:英語、ドイツ語、デンマーク語、オランダ語、フランス語、スペイン語。

こちらからSEMの製品版を無料でお試しいただけます:

http://www.spamfighter.com/Lang_JA/Product_SEM.asp

試用期間中でも全機能が使えて、サポートも万全です。

 

» SPAMfighter - 10-06-2011

簡単3ステップでWindows PCのドライバをアップデートSlow PC? Optimize your Slow PC with SLOW-PCfighter!迷惑メールだらけ?無料スパムフィルタ!

Exchange迷惑メールフィルタ
Go back to previous page
次へ