言語を選択
SPAMfighter

スパム(迷惑メール)対策フィルターへのMXレコードを変更する

MXレコード(メール エクスチェンジャ)はドメインネーム・システム上における特殊なリソースレコードです。特徴としましては、受信者のドメインや、複数のメールサーバーが利用可能の場合においてのメール配信先のプリファレンス値に応じて、電子メールを受信するメールサーバーを決定します。
お持ちのドメインが登録された際に、DNSレコードによってネット上で管理されます。これらは、ドメインに対するサーバーの優先度を指定するMXレコードを含みます。ユーザーが電子メールを送受信する際には、ドメインのMXレコードが電子メールを処理するサーバーを指定します。SPAMfighterがお客様の電子メールをフィルタリングするにあたって、MXレコードの設定を変更する必要がありますが、これは迷惑メール対策ソフトウェアにとって、ごく一般的な作業であります。

MXレコードを変更するには、お使いのインターネットサービスプロバイダ(ISP)、又はお客様ののDNSドメイン名を提供する会社へと問い合わせる必要があります。その時、お持ちの完全修飾ドメイン名(FQDN)とお使いのメールサーバーの新しいIPアドレスが必要となります。また、SPAMfighter Hosted Mail Gatewayに登録なさる際、新しいIPアドレスの入った電子メールが送信されます。

下にある画像をご覧になると、メール処理や迷惑メールのフィルタリング状況が分かります。

これが一般のお客様向けの、どの様に電子メールの取り扱われるかの全般的な認識です

これが一般のお客様向けの、どの様に電子メールの取り扱われるかの全般的な認識です
  • あなた(A)がリモート受信者(B)へ電子メールを送信した場合、即座に届けられます。

これが実際に起こっている状態です

これが実際に起こっている状態です
  • あなた(A)はリモート受信者(D)へと電子メールを送信したい
  • 結果として、お使いの電子メールプログラムが電子メールサーバー(B)へと電子メールを送信します
  • メールサーバー(B)がDNSサーバーに、メール受信者(D)が世界中の何処に電子メールを所有しているか確認します
  • メール受信者(D)のメールサーバー(C)のアドレスを持つMXレコードを通じて、DNSサーバーがメールサーバー(B)へと応答しました
  • メールサーバー(B)が受信者のメールサーバー(C)へと電子メールを送信します
  • 受信者(D)が自身のメールサーバー(C)から電子メールを取得します

SPAMfighterが有効の状態でMXレコードが変更された場合においての、スパム(迷惑メール等)の処理方法です。

SPAMfighterが有効の状態でMXレコードが変更された場合においての、スパム(迷惑メール等)の処理方法です。
  • あなた(A)がリモート受信者(E)へと電子メールを送信することを希望する
  • 結果として、お使いの電子メールプログラムが電子メールサーバー(B)へと電子メールを送信します
  • メールサーバー(B)がDNSサーバーに、受信者(E)が世界中の何処に電子メールを所有しているか確認します
  • SPAMfighterによって提供されている迷惑メール対策フィルターのサーバーを指すMXレコードを通じて、DNSサーバーはメールサーバー(B)へ、応答しました
  • メールサーバー(B)は、 SPAMfighterによって提供されているウイルス対策フィルタサーバー(C)へと電子メールを送信します
  • SPAMfighterは迷惑メール、又はマルウェアを検出するため電子メールを検査します。そして、電子メールが安全だと判断された場合にのみ受信者のメールサーバーへと送信されます
  • 受信者(E)はスパム[迷惑メール)・マルウェアの無い電子メールを自身のメールサーバーから取得します

登録する

30日間無料試用を申込む

動作環境

1つないしそれ以上の、メールサーバー付きドメインを所有されていること